« 【保存車両探訪】くめがわ電車図書館 クハ1150 | トップページ | リンク集に3件追加しました。 »

2011年12月24日 (土)

冬の光線─The Winter Light─

冬の光線──。

空気が澄み渡り、かつ太陽が低い位置にくるため、車両全体に万遍なく光線が当たる、そんな至高の季節、冬。

冬の光線の下、気持ち良さそうに走る車両達の姿に、思わずカメラを向けてしまうのです。

Img_9203

夕日の中出庫してくる205系M26編成。

季節によって光線が変わることに気付いたのは、本格的に撮り鉄を始めてからでした。

Img_9180

雪まみれになりながら、終点を目指す寝台特急「カシオペア」(東鷲宮~栗橋間)。

夏の強い日差しに対して、冬はこう、なんとなくですが、優しく包み込んでくれる様な、そんな光線だと。そんな光線の中、悴む手でカメラを握ると、好きな車両が走ってくるのが見えて来ます。

Img_9689

バリ順の中、次の停車駅平塚へと急ぐE233系E01編成(茅ヶ崎~平塚間)。

蒼い空をバックにして、気持ち良い光線の中、好きな車両を撮る。いくら寒くても、いくら待ち時間が長くても、そんなことは気になりません。

Img_8323_3

国鉄色を保っていたEF66 27が、貴重なタンカーを牽引する姿も今は過去帳入り(深谷~岡部間)。

今は亡き車両も、冬の光線で記録してあると、撮っておいて良かったなぁ、と感じます。

Img_9569

団体臨時列車「ゲレンデ蔵王」の送り込みで、夕暮れのワシクリを駆け抜ける583系N1・N2編成(東鷲宮~栗橋間)。

自分がよく行く撮影地で、あまり見かけない車両を撮ると、嬉しいですよね。いつでもそんな気持ちにはなるのですが、冬の光線でバシっとキメられた時、思わずガッツポーズをしてしまうのは、私だけでは無いと思います。。

Img_9599

“グランド5000”として話題を呼んだ、5000形5065F+5200形5268F(喜多見)。

「引退する」と予告されている車両を撮る時。緊張するシャッターチャンスに引き続き、悲しさや虚しさがこみ上げて来るものです。

Img_9989

中央線最後の201系となった、H7編成(阿佐ヶ谷)。

降り注ぐ太陽の光の中、ふとしんみりとしてしまうのは、その車両との思い出が、頭を駆け巡るから…なのでしょうか。

Img_9484

運用を終え、所属区へと戻る189系OM201編成“彩野”。

でも、そんな彼らの姿を私は忘れることはないでしょう。冬の、あの素晴らしき光線が降り注ぐ限り。

Img_9855_2

有名撮影地を行く8191F+8567F(春日部~藤の牛島間)。

ただ、なんだかんだ言って、行けば普通に来てくれる、そんな車両が一番好きなんだと思います。これに関しては、冬の光線かどうかは…実は関係無かったりするんですが。

澄んだ空気の中を走る車両達は、いつにも増して凛々しく見えます。

心の洗われる様な、そんな気持ちにさせてくれる季節、冬。

いよいよ、本番です。


« 【保存車両探訪】くめがわ電車図書館 クハ1150 | トップページ | リンク集に3件追加しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/43485883

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の光線─The Winter Light─:

« 【保存車両探訪】くめがわ電車図書館 クハ1150 | トップページ | リンク集に3件追加しました。 »