« 希少な存在 日比直の東急1000系 | トップページ | リンク集に「とりあえず鉄道写真」を追加しました »

2010年2月17日 (水)

冬の澄んだ空気の中で 久留里線を撮る!

さて、こちらは昨日16日の話です。

引き続き学校が入試のため、生徒は登校禁止。ということで、首都圏のローカル線、「久留里線」を訪ねてきました。

Img_0152

朝夕のラッシュ時に見られる4連。

久留里線は、ご存知の通り内房線木更津より上総亀山まで出ている非電化路線です。

未だに国鉄型の気動車が幅を利かせているこの路線には、前々から一度行ってみたいと思っていました。特に平日の朝夕に運転される4連には惹かれていたので今回この機会に行ってきた次第です。

デスザンバさん、雨晴海岸さんと共に木更津に到着したのは8時前。ここから、国鉄色のキハ30 98を先頭にした8:15発の925Dに乗り込み、まずは一路東清川を目指します。

東清川で降りた一行は、隣の横田で交換する926Dを撮影するため駅近くのポイントへ移動、通過を待ちました。

Img_0146

キハ37 1002を先頭に通過する926D。

早速、キハ37+キハ38+キハ30というデコボコ編成を撮影することができました。2連の運用に増結1連(キハ30形の限定運用)が連結されているため、このような1形式1両ずつの編成となっています。早々から新鮮なものを見ることができ、一同の興奮は高まります。

さて、ここからは1時間ほど列車が来ないということで、徒歩で横田近くの撮影地まで移動。久留里線の中でも比較的有名なこの撮影地にて、4連の928Dを待ちました。

Img_0153

キハ37+キハ38×3というなかなか整った編成が登場(東清川~横田間)。

やはり迫力がありました。4両がすべてエンジン音を響かせて迫ってくる光景は、いつまでも目に焼き付いています。。。

増結で運行される列車はこの928Dで一旦途絶え、夕方までは全列車が2連で運行されます。気持ちを新たに、横田へ向かいました。

横田では、先述の通り交換があるので、この風景をスナップ。

Img_0157

まずは最初に乗車したキハ38 4+キハ30 98が到着(横田)。

上り930Dで到着したのは、最初に乗った編成でした。この列車の上総亀山側にはキハ30が連結されているということで、少しばかり撮影してみることに。

Img_0160

国鉄色となったキハ30 98。

かつては全国的に見ることができた通勤型気動車、キハ30形列。そんな同車も、今やこの久留里線で活躍する3両が最後の現役車両となりました。

そんなキハ30型の塗装を国鉄色に変更するとJRより発表があったのは、昨年のこと。それから暫くして1両、また1両と国鉄色に復元され、先日11日に最後まで久留里色であったキハ30 100も国鉄色となって郡山総車セを出場しました。

Img_0164

現役を知らない人間としては、逆に新鮮なこの色。

懐かしの国鉄色、とよく言いますが、私自身はこの塗装の車両が現役であった時代を全く知らないので、逆に新鮮な感覚を覚えます。

記録している内に、乗車する929Dが姿を現しました。

Img_0171

新鮮、だけど日常繰り広げられている光景。

日本に3両のキハ30型と、同じく7両のキハ38形。貴重な車両同士の並びですが、久留里線では日常的な光景なんだと思うと、不思議な感じがしますね。。。

さて、これを撮影しすぐに929Dに乗り込みました。ここで、青空フリーパスさんとも合流し、一路平山を目指します。

途中、久留里で交換を行った929Dは、横田から30分ほどで平山へ到着しました。

早速撮影地へ、と行きたいところでしたが、撮影する列車まではまだ1時間程あったので、待合室でしばし談笑。頃合いを見計らって移動を開始し、撮影地へ向かいました。

Img_0176

山村を背に走る、934D(平山~上総松丘間)。

久留里を過ぎると、一気に山間の雰囲気が漂うこの路線。山を背に走る気動車は、やはり絵になりますね。

この列車が久留里で交換する931Dも同じ場所で撮影することに。

Img_0185

緑をかき分けて走る931D。

非電化ならではの構図で撮影。架線がないのはやはり撮影しやすいですね。

さて、一行はまた平山へ戻り、そこから931Dの折り返しである938Dで一気に祇園へ。ここから少し行った陸橋が、最後の撮影ポイントでした。

本当は下り939D撮影したのですが失敗。940Dのみ掲載させて頂きます。

Img_0217

ライトが眩しい940D(祇園~木更津間)。

最後は、俯瞰で撮影。真上から撮影できるのは、やはり非電化路線の強みです。迫ってくる姿が格好良かったですね。。。

さて、これを撮影したころにはもう露出がありませんでしたので、ここで終了としました。

残念なことにキハ30型が先頭の列車を撮影することができませんでしたが、それでもかなり充実した撮影行きとなりました。キハ30型が先頭の列車を撮影したいので、近いうちにまた行くことになりそうですが。

首都圏のローカル線、久留里線。今でも活躍する国鉄型に、会いに行ってみてはいかがでしょうか。


« 希少な存在 日比直の東急1000系 | トップページ | リンク集に「とりあえず鉄道写真」を追加しました »

コメント

久留里線遠征、お疲れ様でした!
キハ30が国鉄色になった=置き換えの時期が近い?ということで、8月と9月に一回ずつ乗ってきました。
 久留里線の気動車は、トイレがある車両の反対部分のみクロスシートになっているので、ロングシートに飽きたら是非座ってみるといいよ。
 次回は春休みに行きたいと思っているので、もし良ければご一緒したいなあ~(って言っても自分は乗ってばかりになるかなあ?)

投稿: 常総 | 2010年2月19日 (金) 23時52分

常総さん>>
コメントありがとうございます。

置き換えが近いかどうかは分かりませんが、リバイバル塗装ということでしっかり記録したいのは確かですね。

確かにクロスシートもあり、車内のイメージは地元を走る211系なんかと少し似てる気がしました。

春休みに行ければ、その時はよろしくです。

投稿: 緑のあずさ | 2010年2月20日 (土) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/33423012

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の澄んだ空気の中で 久留里線を撮る!:

« 希少な存在 日比直の東急1000系 | トップページ | リンク集に「とりあえず鉄道写真」を追加しました »