« 夕日に染まる、そんな姿を… | トップページ | 「久し振り。」上野駅にてEF64 38牽引の「あけぼの」を撮る »

2010年1月17日 (日)

あの日から、5年 ──小山区115系の思い出──

少し遅くなってしまいましたが・・・。

一昨日1月15日は、小田急9000形と共に私の鉄道趣味の原点を築いてくれた車両、小山区115系の引退5周年でした。

なので、ここで持ち合わせの115系の画像を、少し蔵出ししてみたいと思います。

Img_0002

快速「ラビット」に充当される115系。

上野に停車する、オレンジと緑色の車両。ブロワー音を響かせながら独特の雰囲気を纏う地平ホームに停車する姿は、印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

私の鉄道趣味の、いわば原点というべき車両、115系。

そんな115系の記録を、少しだけ。なお、画像はフィルムからのスキャンデータなど著しく粗いものが多いため、画像サイズはいつもより小さめですのでご了承ください。

Img_0001_new

流れ去る家々を背に、終着駅を目指す(東鷲宮~栗橋間)。

115系の引退間近。地元の鉄友に連れられてやってきたのは、今はお馴染みの「ワシクリ」でした。当時、私は撮影地の知識などが全く無く(そもそも沿線で撮影するという概念もなく)、この画像を撮影できたのもまったくの偶然でした。

フィルムながら一眼レフを持ち、ほぼ初めての沿線撮影。通過していく列車に、思わずカメラごと振ったようです。いわゆる「流し撮り」ですが、当時全く意識していなかったのは言わずもがな(笑)。

Img_0003

ススキを横目に、カーブを行く(東鷲宮~栗橋間)。

おそらく上写真と同日に撮影したものと思われます。引退を目前に控えた115系ですが、E231系に押されつつも快速「ラビット」の運用もあり、最後まで華やかな活躍を見せてくれていたのを覚えています。

3

永訣の・・・朝(東鷲宮~栗橋間)。

皆さんにお見せできる画像を探すと、これがなかなか見つからず・・・。結局、3枚目にしてこの画像をお見せすることになってしまいました。

2004年10月15日金曜日。私にとって、忘れられない・・・小山区の115系が宇都宮線から引退した日です。

当時の私は、車両運用などを特に把握している訳でもなく、ただ、学校に行く前に早朝から来るとも知らない115系を待ち続けていました。

そんな折、上野方から聞こえたあのモーター音。カメラを構え、ファインダーの中に現れた朝焼けに輝く車体を、どうやらまた流したようで、こんな画像と相成りました。

結局この日、2運用にまで減っていた115系の運用の内1運用は翌日のダイヤ改正に備えてE231系の代走となっており、この1運用のみが115系で運転されていたそうです。

この画像は525Mですが、最終運用は、3551M 通勤快速宇都宮行きでした。

さてここからは、引退した小山区の115系たちの画像をご紹介します。

Dsc05794

東大宮操車場に集う115系。

Dsc05800

同じく、別地点より(いずれも東大宮操車場付近)。

運用から外れた115系は、散り散りになり始めました。
日光線の予備編成及び訓練編成となったY377・Y427編成。
房総地区の応援用となったY367-368編成。
新潟県中越地震の発生に伴う車両不足によって高崎区へ赴いた4連数本と各地で短いながら新たなスタートを切った車両もいましたが、それはほんの一握り。残る編成は、現役時代は横目に通過していた東大宮操車場へと集められました。

かなり長期の留置が続いた後、当時まだ解体業務を行っていた大宮総合車両センターへと、クモヤ付きで徐々に回送されて行き、翌年始め頃までには姿を消していました。当時まだ小山区所属であった189系「彩野」の旧塗装も、懐かしいですね。

そして、いよいよこの日が訪れました。

2

団体列車、「さよなら宇都宮線115系」の運転(黒磯)。

2005年1月15日土曜日。「115の日」ということで、定期運用を外れてから3ヶ月後のこの日に、団体列車扱いで上野→黒磯間に「さよなら宇都宮線115系」号が走りました。

私も、この列車に乗車。都合で浦和からでしたが、お弁当や記念品の配布、グッズや発生品の販売、栗橋~古河間での迫力の110km/h走行、宇都宮での駅弁販売など、楽しく興味深い企画が盛りだくさんで、終点の黒磯まではあっという間でした。

この列車、ダイヤもとことん凝られており、「115系が41年間宇都宮線を走った」ということで115日10時41分上野駅15番線を発車、そして黒磯駅1番線に115分に到着、なんてものでした。

Dsc05584

黒磯側はHMが異なっていた。

使用されたのは、房総から帰ってきたY367-368編成+小山区に残存していた(後述)Y427編成の11連。雪のちらつく中、大勢のファンに見送られて黒磯を発車していった姿は今でも目に焼き付いています。。。

Dsc06320

一方、生き残った車両も無きにしも非ず・・・(宇都宮)。

前述の通り姿を消していった車両もいる中、上で示す通り各地に応援として駆け付けた車両もありました。とはいえ、それらの車両もほとんどが2005年中旬までには撤退していますが・・・。

そんな中注目すべきは、小山区に残存した4連のY427編成です。

小山区は、宇都宮線で活躍する車両の他に日光線で使用される107系も配置されていますが、この車両、実は運用数に対して予備車がかなり少ないのが運用上のネックになっていました(現在もですが・・・)。

それまでは高崎区の107系を借り入れて対応したりしていましたが、いかんせん回送など手配が面倒ということで、白羽の矢が立ったのが引退した小山区の115系4連でした。

ということで、前述の通り4連のY377、Y427編成の2本が小山区に残存し、有事に備えた訳です。

Y377編成は、2005年5月頃に大宮に回送され大宮総車セの一般公開で試乗車両に使われた後にそのまま廃車となりましたが、Y427編成は訓練兼予備車としてその後しばらく残存することになりました。

さて、この画像はそんな日光線での107系代走をとらえた、割と貴重なものです。この日は107系の大宮入場と故障が重なったための代走となりました。事前に情報を得ていたものの、実際に見た時の喜びは相当なものだったのを覚えています。。。

Dsc01477

山奥に停車する湘南色(奥多摩)。

さて、ここからはY427編成の画像になります。

2005年から運転の始まった、快速「むさしの奥多摩」。大宮~奥多摩間を結んだ快速列車で、晩年は201系“四季彩”が充当されてたのは記憶に新しいところです。

そんな快速「むさしの奥多摩」ですが、2006年までは115系小山車(つまりY427編成)で運転されていました。

確かに、営業用としては特にこれといった用途もなかった上、小回りのきく4連であったというのが決め手だったようで、2005年春、秋、2006年春、秋までの計4シーズンまでをこの編成が担当しました。

この列車は、何度か撮影・乗車の機会があり、特に画像の日はこのまま奥多摩~大宮間をこの列車で過ごすことができました。久し振りの小山区の115系に感傷に浸りつつ、しかし旅をしっかりと楽しんだのを覚えています。

Dsc02868

ネグラにて(小山車両センター)。

さて、最後の画像は115系の総まとめ役、小山車両センターでの姿です。

これは、2006年に開催された小山区の一般公開での1枚です。既に定期運用から外れて2年が経っていたものの、まだこの小山区には115系がいる、ということを再認識することができたこの公開。翌年も開催され、115系も展示されました。

この翌年の11月末。引退後3年間という奇跡の活躍を終えたY427編成は、長野総合車両センターへ向けて回送されたのでした。。。

さて、お見苦しいものばかりでしたが、楽しんでいただけたでしょうか。

厳密にいえば、今でも小山~宇都宮間で高崎区の115系の運用があります。ですが、これは4連であって宇都宮線で活躍した最大の15連には、遠く及びません。。。

ですが、まだ残っている仲間たちには、積極的に会いにいきたいと考えています。

その折にはこの場で報告させて頂く所存ですので、よろしければご覧ください。


« 夕日に染まる、そんな姿を… | トップページ | 「久し振り。」上野駅にてEF64 38牽引の「あけぼの」を撮る »

コメント

お久しぶりです(8127F一回忌以来です)

115系写真集、楽しませてもらいました。実は私も埼玉出身(三郷)なもので、今から10年以上前の武蔵野線103系が原点ですが、この車両にもよく乗りに行きました。久喜~上野間で乗って爆走を楽しんだり、南浦和で京浜東北線を待っている時に前を通過したり、赤羽で目撃したりと、結構かかわっていました。

Y427ですが、小山車両センター公開の年は文を読む前にわかってしまいました。その証拠は、隣にE531系がいるということです。2007年の公開の時は烏山線のキハ40がいました。

今でも高崎・宇都宮線というと、115系の快速アーバン・ラビット号のイメージがあります(笑)

関係ない話ですが8両固定の8173Fが廃車になりました。8557Fに続き、HID修繕車の廃車は2本目で、今でも信じられません。 ご冥福をお祈りいたします。

長々と失礼しました。
今年も初期修繕車のかっこいい写真を期待しております!
では~

投稿: 区間準急竹ノ塚行き | 2010年1月18日 (月) 16時47分

区間準急竹ノ塚行きさん>>
お久しぶりです。コメントありがとうございます。

楽しんで頂けたようで、執筆した甲斐がありました。115系小山車は、本文にもある通り私の原点を行く車両の一つであり、区間準急竹ノ塚行きさんで言えば武蔵野線の103系の様な存在でしょうか。

公開の開催年、お分かりになられましたか。もし行かれていたのであれば、お会いしていたかもしれませんね。

8173F>>
私も驚いています。73Fよりも古い車両なんぞいくらでもあるのに、と思うと、よく分からない廃車でした。
とはいえ、8000系の中では新しくても製造がら30年以上が経っている編成です。後期修繕だろうと、廃車になってしまう構図が徐々に完成しつつある気がしますね。。。

初期修繕編成は、今年に入ってからは満足に撮影に行けていないのが現状です。ですが、撮影に行きましたらまたこちらで必ず報告させて頂きますね。

最後に、今年もよろしくお願いします。

投稿: 緑のあずさ | 2010年1月18日 (月) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/33010650

この記事へのトラックバック一覧です: あの日から、5年 ──小山区115系の思い出──:

« 夕日に染まる、そんな姿を… | トップページ | 「久し振り。」上野駅にてEF64 38牽引の「あけぼの」を撮る »