« 北陸の「ゲテモノ」を撮る! | トップページ | 夕日に染まる、そんな姿を… »

2009年12月31日 (木)

郷愁、哀愁、最終。 「ありがとう 磐越西線国鉄色」

キハ52形。言わずと知れた、山間の主。

キハ58系。言わずと知れた、急行型の代表格。

長らく新潟地区で活躍したこの2形式が、27日、完全に引退を迎えました。

Img_9793

傾く夕日の中、最後の運行を行う、キハ52形、キハ58系。

前日、直江津より快速「くびき野」5号で新津へ到着した一行。ここで一旦降り立ちました。
というのも、少し待てば26日運行分の快速「ありがとう 磐越西線国鉄色」で使われた車両の返却回送がちょうど到着するということで、バルブでもしようとこの駅で降り立った次第です。

準備して待っていると、新潟方面よりキハ58+キハ52の4連が到着。

Img_9681

雪の中、幻想的に佇む(新津)。

これを撮影していると入れ替えが始まり、一旦新潟方面へ行き、折り返して新津区へと入庫していきました。

これを撮影し、磐越西線の会津若松行き最終列車で会津若松へ。ここから少しの所にあるデスさんのお宅へ泊まらせて頂き、翌日に備えました。

翌朝、のんびりと出発した一行は、会津若松より快速「あがの」で喜多方へ。ここから少し歩いたポイントで、「ありがとう 磐越西線国鉄色」の往路を待ちました。

Img_9702

有名撮影地を行く快速「ありがとう 磐越西線国鉄色」(山都~喜多方間)。

少々ケーブルが目障りですが、風景の綺麗な撮影地でまずは一発押さえることができました。周りには多くの同業の方がおり、この車両達の人気の高さを伺い知ることができました。

一行は満足しながら喜多方へ戻り、キハ40等による普通で会津若松へトンボ帰り。ここで停車中の4連を記録することに。

Img_9774

夕日を浴び、最後の営業運転に備えるキハ(会津若松)。

撮影していると、ふとキハ58側から歓声が上がりました。見てみると、それまで隠れていたお日様が顔を出し、停車しているキハを綺麗に染め上げていました。これは圧巻・・・。気付けば何回もシャッターを切っていました。

Img_9742

車番とサボ。

各車毎にサボが差し込まれており、彼らの最後の運転に華を添えていました。

さて、出発の1時間程前に会津若松を出て、歩いて撮影地へ。ここで少し待機した後、彼らの勇姿が遠くに見えました。

Img_9792

キハ52を先頭に、最後の道を進む快速「ありがとう 磐越西線国鉄色」(会津若松~堂島間)。

キハ52の国鉄標準色は、2日間の中でも初めて、自分としてはかなり久しぶりに見たのですが、なんとなく安心したのは何故でしょうか。

さて、これを撮影し、私たちは暮れなずむ夕日の中、会津若松へ戻りました。。。

最後の最後に、最高の姿を見せてくれたキハ58系、キハ52形。今まで本当にお疲れ様、そしてありがとうと、声を掛けてあげたいですね。

最後に、個別に画像を。

Img_9723

キハ52 127。

Img_9726

キハ52 137。

Img_9732

キハ58 1022。

Img_9753

キハ28 2371。

さて、これを以って4記事に渡ってお送りした北陸遠征の記事を終わりとさせて頂きます。長らくお付き合い頂き、ありがとうございました。


« 北陸の「ゲテモノ」を撮る! | トップページ | 夕日に染まる、そんな姿を… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/32797084

この記事へのトラックバック一覧です: 郷愁、哀愁、最終。 「ありがとう 磐越西線国鉄色」:

« 北陸の「ゲテモノ」を撮る! | トップページ | 夕日に染まる、そんな姿を… »