« いざ、新天地へ 209系2100番台、いよいよ登場 | トップページ | そう、君がいた日々は・・・ ──8127Fよ、永遠なれ── »

2009年7月20日 (月)

北行き夜行を撮影する~あけぼの、北斗星、カシオペア~

日が長くなり、早朝の撮影も容易に行えるようになったこの季節。やはり、普段は撮影することのできないものを撮影してみたいものです。

という訳で、深夜~早朝を走る列車の代表、「寝台特急」の画像を少し紹介したいと思います。

Img_3236

寝台特急といえばこの車両、24系25型による寝台特急「あけぼの」。

東海道系統の寝台特急がほぼ全廃となった今、東北・上越系統の寝台特急は未だ元気な姿を見せてくれています。

そんな彼らの活躍を少しだけ見てみたいと思います。

・寝台特急「カシオペア」(上野~札幌)

上野~札幌間を結ぶ「カシオペア」。上野をかなり早く出発し、到着も遅めなので、この時期には首都圏でも容易に撮影することができます。

Img_2728

EF81 79の牽引で北上する「カシオペア」(東鷲宮~栗橋間)。

牽引は、上野~青森間がEF81、青森~函館間がED79、函館~札幌間がDD51となっているのは周知のことかと思います。特にEF81は、専用塗装を纏う田端区の79、92、99が限定運用となっています。画像は、全検明けで美しい79の牽引する8009レ。

Img_3242

明るい日差しの中、終着駅を目指す(東鷲宮~栗橋間)。

「カシオペア」がその姿を現したのは1999年のことでした。JRグループで唯一の新系列客車となった、専用の豪華客車「E26系」に強烈な塗装を施されたEF81という組み合わせで登場した同列車は忽ち注目の的となり、それ以降現在まで絶大なる人気を誇っています。

Img_3263

曇り空の中、鮮やかな編成が行く(東鷲宮~栗橋間)。

そんな同列車は、後述する「北斗星」より約20分程先を行く列車ということで、撮影の標的となりやすい列車です。EF81の牽引する姿も、来年の春には見納めかもしれません。記録される方はお早めに。

・寝台特急「北斗星」(上野~札幌間)

現在の東北系統の寝台特急を代表する列車といえば、この「北斗星」の名が挙がることでしょう。上野駅の発車ホームでは、記念撮影する人、旅路に思いを馳せる人、ちぎれんばかりに手を振る子供と、絶えず人々の憧れを背負い続けています。

Img_1932 

元「スーパーエクスプレスレインボー」牽引機である95の先導で通過する「北斗星」。

この「北斗星」の魅力は、上野~青森間にて牽引を担当するEF81のバリエーションの多さでしょうか。側面に流れ星の描かれた車両が基本である中、側面に大きく「EF81」とレタリングされた95、唯一のひさし付きの133、カシオペア塗装の79、92、99。そして、お召し牽引対応で装飾の残る画像の81など、多種多様のEF81が牽引に当たります。

Img_3247

お召し装飾の施された81は、久しぶりの旅客運用。

今年3月の改正後からは、93、96、95、98などが限定的に充当される様になり、少し面白みに掛けてしまいました。それでも、時折78や82が充当され、バリエーションに華を添えていました。

Img_3269

ループに入ると何度も撮影のチャンスに巡り合える・・・81牽引の「北斗星」。

ですが、ここ数日の間に95等が相次いでループから外れ、変わって78、81がループする様になりました。これはまだ確定したわけではないですが、新たなバリエーションを楽しむことができるかもしれません。

・寝台特急「あけぼの」(上野~青森間)

最近、朝の日課となりつつある「あけぼの」の撮影。理由は、改めて説明するまでもないこととは思いますが(笑)。

Img_3235

川口のカーブを行くEF64 38牽引の「あけぼの」。

今年3月の改正よりEF64の牽引となった「あけぼの」。一時期1000番台の台頭した時期もありましたが、現在は37と38が交互で牽引するスタイルが続いています。これもいつまで続くかはわかりませんが。。。

Img_3253

雨の降る中、最後の途中停車駅・大宮に入線する「あけぼの」。

それまで見ることのできなかったEF64 0番台の牽引する定期列車ということで、撮影地は毎朝多くのファンで賑わいます。そして私も、そんな一人。最後の最後まで、しっかり記録を続けて行きたいと思います。

さて、少し古い画像なども織り交ぜて改めて紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

“国鉄型”の消え行く中、今も頑張るこれらの列車たち。あなたも、少し早起きをしていつもとは違う被写体にレンズを向けてみてはいかがでしょうか?きっと、胸の躍る経験が待っていることと思います。。。


« いざ、新天地へ 209系2100番台、いよいよ登場 | トップページ | そう、君がいた日々は・・・ ──8127Fよ、永遠なれ── »

コメント

はじめまして。書き込みさせていただきます。
3月に東京駅発着の寝台列車はサンライズ出雲・瀬戸を除き廃止されました。それと対照的に上野発着の寝台列車はいまだに現役です。カシオペア号も早いもので運行開始から10年を迎えました。今も相変わらず人気寝台列車ですが、寝台列車の楽しみを満喫できるものとしての価値は高まっています。

大変内容が充実しており、楽しく拝見させていただきました。今回、僕のブログと相互リンクを結びたいのですがいかがでしょうか?僕のブログを見て判断してくださるよう、お願いいたします。

投稿: A80&481 | 2009年8月 2日 (日) 17時16分

A80&481さん>
はじめまして。コメントありがとうございます。また返信遅れ申し訳ありません。

確かに、最近の寝台列車は減少の一途をたどり続けており、いよいよ東京からブルートレインが消滅してしまいました。そんな中、今でもブルートレイン3往復やカシオペアを見ることのできう上野は貴重な存在となってきていますね。

相互リンク>
大歓迎、と言いたいところですが、まだお互いのことを把握しきっていない段階での相互リンクなどは申し訳ありませんがお断りしています(汗
もちろん、今後互いに仲を深めた後でのリンクは大歓迎で御座います。

ちなみに、貴方のブログも拝見しましたが、とても分かりやすく充実しており、好感がもてました。

投稿: 緑のあずさ | 2009年8月 7日 (金) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/30629805

この記事へのトラックバック一覧です: 北行き夜行を撮影する~あけぼの、北斗星、カシオペア~:

« いざ、新天地へ 209系2100番台、いよいよ登場 | トップページ | そう、君がいた日々は・・・ ──8127Fよ、永遠なれ── »