« 愛しのあの車両に会いに EF64 38牽引の「あけぼの」を撮る! | トップページ | 北行き夜行を撮影する~あけぼの、北斗星、カシオペア~ »

2009年7月11日 (土)

いざ、新天地へ 209系2100番台、いよいよ登場

これもまた、テスト期間中に地元で収めたものです。

2007年12月、京浜東北・根岸線での運転を開始したE233系。華々しくデビューし、だんだんその数を増やしていますが、それは同時に、それまで両線の主力であった209系の撤退が進んでいるということを示しています。

そんな209系ですが、数編成が廃車・解体となったもののその後各地へ転属することが公になりました。そして、先日出場した南武線用の2200番台に続き、房総地区用の2100番台も続々出場する編成が出てきました。

そんな209系2100番台の出場配給があると聞いたので、撮影してきました。

Img_2750

装いも新たに首都圏に戻ってきた209系2100番台。

自宅でテスト勉強をしながらチラチラ目撃情報板を見ていると、郡山総合車両センターより出場した房総地区用の209系2100番台がEF81 136の牽引で上っている模様・・・。これは撮影したいということで、少し雨の降る中撮影に赴いてきました。

Img_2746

厳つい顔つきのEF81 136に牽引され姿を現した209系2100番台(東鷲宮~栗橋間)。

とうとうその姿を現した、209系2100番台。とは言っても、先月14日には出場第一号が長野総合車両センターより配給されているのですが、私自身が見るのはこれが初めて。すぐに振り返り、ニューフェイスをしっかり撮影。

Img_2754

多くの改造を施されている2100番台。

京浜東北・根岸線で活躍していた頃と比べ、かなり変わった印象を受けます。それもそのはず、見ての通りかなりの改造が加えられています。帯色の変更の他にも
・スカートが大型化
・行き先表示機LED化
・列番表示機が5桁まで表示できるLED式に変更
・VVVF換装
等が変更点挙げられます。

車内に目を移すと、クハはセミクロスシートになっており、2号車にはトイレも設置されているそうです。

一旦は引退したものの、見違えるような姿となって新天地での第二の人生を歩むことになった209系。今後の活躍に大いに期待したいところですね。


« 愛しのあの車両に会いに EF64 38牽引の「あけぼの」を撮る! | トップページ | 北行き夜行を撮影する~あけぼの、北斗星、カシオペア~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/30494353

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、新天地へ 209系2100番台、いよいよ登場:

« 愛しのあの車両に会いに EF64 38牽引の「あけぼの」を撮る! | トップページ | 北行き夜行を撮影する~あけぼの、北斗星、カシオペア~ »