« 新鶴見のスターよ、永遠に・・・ “センゴック”引退へ | トップページ | 可愛らしい顔立ちの区名札「愛」 愛知機関区のEF64-0を撮る! »

2009年4月 4日 (土)

中京地区の珍貨車たち~私有貨車万歳!~

3月29日の夜~昨日2日にかけて、名古屋・関西方面へ遠征に行って来ました。今夜からいくつかの記事に分けて成果を報告して行きたいと思います。

まずは、今回の目的の一つである、関東地区では見られない珍しい「貨車」をご覧頂こうとと思います。どうぞお付き合いください。

Aimg_9969

朝の珍貨車、5580レ(ホキ1000による炭酸カルシウム輸送列車)(熱田)。

29日発の快速「ムーンライトながら」に乗るべく、小田原へ。「ムーンライトながら」は同駅に0時31分に到着するため、青春18きっぷはその日の分で済むというのは有名な話ですね。

ご一緒する平塚電留線さん、デスザンバさんと小田原へ到着すると使徒さんからお見送りに来るとの連絡が入りました。。改札を出て18-55mm及び50mm単レンズと4GBのCFカートを受け取り、お見送りを受けて再度構内へ。ここでも数十分待った後、田町区の183・9系10連で運転されるようになった臨時快速「ムーンライトながら」が到着。早速乗り込み、名古屋までの旅路をゆったり過ごしました。

経緯はこの位にして、早速紹介したいと思います。なお、行程の都合上掲載画像は全て熱田での撮影となっていますのでご留意ください。

・ホキ1000形(太平洋セメント所有、フライアッシュ・炭酸カルシウム輸送専用貨車)

朝の5580レ及び夕方の5767レ他に用いられる専用貨車、それが「ホキ1000形」です。
この貨車は、先述の通り「フライアッシュ」及び「炭酸カルシウム」の輸送のみに用いられている特殊貨車で、タンク車の様な外観をしていながら「ホキ」に分類されているのが面白い所です。

Img_9749

EF66 119による5580レ(熱田)。

このホキ1000形の使用される2列車は、JR区間ではEF66形の運用となっています。そのためにEF66好きのデスザンバさんの目に触れない訳なく、到着早々熱田まで移動し寒い中撮影したのがこの画像です。特徴的なホキ1000形が連なる姿はなかなか壮観でした。

このホキ1000形、往路で炭酸カルシウムを輸送し、復路でフライアッシュを輸送するという特殊貨車の割に効率的な運用が行われています。両列車とも撮影しやすい時間帯に運行されており、貨物ファンの撮影対象となることもしばしばなようです。

Aimg_9970

もちろん0番台の牽引も・・・33号機による5580レ(熱田)。

1日目が100番台だったので、2日目も狙ってみると今度は0番台33号機が来てくれました。やはり壮観です。編成美も保たれ、いい列車ですね。

・ホキ9500形(矢橋工業等所有、石灰石輸送専用貨車

中京地区では5780~5783レにて石灰石輸送に使用されている、ホキ9500形。矢橋工業が所有し、しばしば「矢橋ホキ」とよばれるこの車両は、登場が1970年であり、そもそも特殊貨車として製造されたにも関わらず現役を保っている珍しい車両です。中京地区の他にも各地で専用貨物用として使用されています。

30日は、3月の改正で新鶴見区に転属したEF65形の内、原色切り抜きナンバーを保つ唯一の存在である1041号機が、初めて「矢橋ホキ」を担当しました。これを撮影すべく、りーおんさん、大石倉之助さんと共に熱田で待ちました。

Img_9809

初めて「矢橋ホキ」を牽引するEF65 1041号機・・・5780レ。

関東ではコキ・タキ・ワム・秩父ホキの牽引が殆どである同機とホキ9500形の組み合わせは、まさに新鮮。なかなかいいものを見ることができましたね。

2日目、31日は同じく新鶴見区の原色PF、1077号機の牽引でしたので、こちらも撮影して来ました。実は1日目30日にも充当され、それを撮影もしましたが・・・出来が悪いので今回は掲載しません(汗

Img_0071

何度見ても新鮮さの残る「矢橋ホキ」(熱田)。

改正前から見られたこの光景ですが、初めて見る私にとってはやはり新鮮でした。なかなか面白いものを撮影することが出来ましたね。

これら関東で見ることの出来ない「珍貨車」達ですが、定期的に運行されている上に先述のとおり撮影しやすい時間の運行となっています。皆さんも、中京地区へ来られたときには一度撮影してみてはいかがでしょうか?


« 新鶴見のスターよ、永遠に・・・ “センゴック”引退へ | トップページ | 可愛らしい顔立ちの区名札「愛」 愛知機関区のEF64-0を撮る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/28951917

この記事へのトラックバック一覧です: 中京地区の珍貨車たち~私有貨車万歳!~:

« 新鶴見のスターよ、永遠に・・・ “センゴック”引退へ | トップページ | 可愛らしい顔立ちの区名札「愛」 愛知機関区のEF64-0を撮る! »