« 【保存車両探訪】鉄道遺産記念公園 EF64 18  | トップページ | 東武各線で「春の全国交通安全運動」HM掲出中! »

2009年4月 6日 (月)

最後までその翼を休めずに・・・ 485系 特急「雷鳥」

本当は書くことはたくさんあるのですが、あまりにも駄画像のオンパレードのためこの記事を持って中京・関西遠征の記事は最後と致します。

国鉄を代表する特急型、485系。現在も各地で運用されていますが、短編成であったり、塗装が変更されていたり・・・それはそれでいいのですが、やはり伝統の「国鉄特急色」を纏った長編成の485系が見たい。

そんな願いを託すのは、やはりこの列車しかいません──大阪~金沢間を結ぶ、485系使用の特急「雷鳥」です。

Img_0729

新大阪駅に佇む純・国鉄特急色。

31日の夜の京都へ移動し、宿へ。ここでゆっくり疲れを癒し、1日に備えました。

1日は朝から色々な所を周り・・・ですがその内ご一緒したデスザンバさんとの間で撮影したいものが相違したので、分かれて撮影することに。私は特急「北近畿」などを撮影し、特急「雷鳥」33号の撮影のために吹田へ移動しました。

Img_0498

貫通扉の設置された200番台が組み込まれているA09編成(吹田)。

姿を見せたのは、485系では唯一貫通扉の設置されている200番台を金沢側に連結しているA09編成でした。絵幕を掲げ、堂々通過していきました。。。

引き続き、2日も撮影しました。

Img_0725

パノラマグリーン車が先頭のA04編成が到着(新大阪)。

「スーパー雷鳥」の運行開始と同時に登場した“パノラマグリーン車”。置き換え後は特急「しらさぎ」に使用されましたが同特急も683系に置き換えられたため、現在は国鉄特急色を纏いと特急「雷鳥」に使われる485系京都車の内6本の大阪方に連結されています。

Img_0731

行き先表示機「特急雷鳥 金沢」表示。

JR西日本では国鉄型車両にも独自デザインの幕を搭載していますが、この485系京都車に関しては国鉄時代のデザインのままの幕が搭載されています。「L」マークも、今ではあまり見ることができなくなってしまいました。。。

もう少し撮影したかったのですが、なかなか時間があわず、今回はこれで撮影は終了としました。

国鉄特急色を纏った485系はまだ全国で活躍しているものの、9両編成という長編成はこの特急「雷鳥」に使用されている京都車でしか見ることができません。

今年6月の置き換え開始、そしていつか迎える引退のときまで、何事もなくはし利続けてほしいですね。


« 【保存車両探訪】鉄道遺産記念公園 EF64 18  | トップページ | 東武各線で「春の全国交通安全運動」HM掲出中! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/28998504

この記事へのトラックバック一覧です: 最後までその翼を休めずに・・・ 485系 特急「雷鳥」:

« 【保存車両探訪】鉄道遺産記念公園 EF64 18  | トップページ | 東武各線で「春の全国交通安全運動」HM掲出中! »