« 茶色と青の新たな共演・・・ 37号機牽引の「あけぼの」を撮る! | トップページ | 中京地区の珍貨車たち~私有貨車万歳!~ »

2009年3月28日 (土)

新鶴見のスターよ、永遠に・・・ “センゴック”引退へ

昨日27日の話です。

今年3月の改正で、関東のEF65形最後の牙城となった新鶴見機関区。そんな新鶴見区に1両、他のEF65形とは全く異なった塗装を施されたカマがいました。EF65 1059号機・・・いわゆる「JR貨物試験塗装」を施され、人気の高かった同機は“センゴック”という愛称で親しまれてきました。

ですが、そんな“センゴック”にも、とうとう最期の時が訪れてしまいました。期限切れギリギリまで持ち込んだ上での勇退・・・そんな彼の最後の走行シーンを撮影してきました。

Img_9551

大宮到着後、入れ換えで最後の走行を見せる“センゴック。”

「あけぼの」の撮影後は京浜東北線やキヤノンのサービスセンター等へ。

用事を済ませてふと見たまま板を見てみると、EF65 1077+EF65 1059が単8283レで大宮へ向かっているとの情報を得たので、大宮で待ってみることにしました。

意味もなく埼京線で大宮に到着すると、車輪交換が行われたのか車輪がやたら綺麗なEH500-19が留置されていました。

Img_9343

出場線にいたEF500-19。

大体、入場する車両を牽引して来たカマがそのまま折り返し時に出場車を牽引して帰るのが通例となっているので、本日中の出場であることは容易に想像できました。

次第に人の数が多くなってきた所で、単8283レの到着となりました。

Img_9375

EH500-19と並んだEF65 1077+EF65 1059。

EH500-19の手前に入線した単8283レ。落ち着いたところで、細部観察をしてみました。

Img_9403

無動力で回送されてきた“センゴック”。

次位無動力で回送されてきた“センゴック”。その姿は、遠目にはいつもの姿とあまり変わりないように見えました。ですが、側面に回ると「現実」が見えてきました・・・。

Img_9421

メーカーズプレートは撤去済み。

側面のナンバープレート下に設置されていたメーカーズプレートは、既に撤去済みでした。更に・・・。

Img_9432

エンド表記も撤去済み・・・。

エンド表記も撤去されており、手書きで「2」と書かれていました。検査表記なども擦れて読みずらい状態・・・老体に鞭打って活躍していた同機の頑張りを垣間見ることが出来ましたね。

Img_9417

試験塗装機の証、巨大な「JR」マーク。

試験塗装機である同機の最大の特徴である巨大な「JR」マーク。ですが、このマークやその周辺にはかなりの痛みと疲れが見て取れます・・・。

Img_9510

反射板が取り付けられ・・・。

無動力回送の扱いのため、2エンド側には反射板が。どことなく寂しげな顔をしているように見えたのは、私だけではないようです。。。

と、夢中になって撮影している内に1077号機のブレーキ緩解音がしたので、急いでカメラを向けると、入れ換えが始まりました。

Img_9539

入れ換え開始。

一旦工場側まで引き上げ、奥の線路に押し込むために転線してきました。

Img_9553

両機の連結面を流し。

これを撮った次の瞬間には、手前に留置してあるEH500-19の奥に“センゴック”は隠れてしまい、撮影することは出来なくなってしまいました。

これを撮影し、撤収としました。

長い間新鶴見区のスターに君臨し、多くの偉業を成し遂げてきた“センゴック”。最後の最後に、やっとじっくりと撮影することが出来ました。

今まで本当にお疲れ様、そしてありがとう、センゴック。君の活躍は、一生語り継がれていくと信じます・・・少なくとも、私は。


« 茶色と青の新たな共演・・・ 37号機牽引の「あけぼの」を撮る! | トップページ | 中京地区の珍貨車たち~私有貨車万歳!~ »

コメント

 こんばんは。この1059号機、何度か遭遇はしたことがありましたが、残念ながら写真には収めておりませんでした。今年に入って離脱するような話をちらほら聞いていたので、最後に一度は見ておきたいと思っていましたが、先月9日にたまたま八王子駅で停車中だったところを中央線の車内で目撃したため、慌てて下車して見てまいりました。

 他のカマとは違った独特の塗装はなかなかインパクトがありましたね。

投稿: mattoh | 2009年4月 8日 (水) 22時42分

mattohさん>
コメントありがとうございます。

年初めから運用離脱の噂が絶えませんでしたね。どうやら一時期特休になっていたこともあったようですが、結局最後まで頑張って走りぬきましたね。

末期は乗務員訓練や入出場の車両の牽引などイレギュラーな運用にばかり入っていましたね。9日にmattohさんがご覧になられたのも、そんなイレギュラーな姿だったのかもしれませんね。。。

新鶴見区の珍車として持て囃されていた彼も、とうとう有終の美を飾りました。今までの活躍に、拍手拍手ですね。

投稿: 緑のあずさ | 2009年4月11日 (土) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/28839448

この記事へのトラックバック一覧です: 新鶴見のスターよ、永遠に・・・ “センゴック”引退へ:

» 【3/9】八王子で“センゴック”と対面する [mattoh]
 先週の高尾山行きでネタをもう一つ。高尾から中央線に乗り込み八王子に着くと、下り [続きを読む]

受信: 2009年4月 8日 (水) 22時40分

« 茶色と青の新たな共演・・・ 37号機牽引の「あけぼの」を撮る! | トップページ | 中京地区の珍貨車たち~私有貨車万歳!~ »