« とうとうこの時が・・・ “東武顔”の2連消滅へ | トップページ | 「しんしんと・・・」雪中撮影記─水戸線にて─ »

2009年2月15日 (日)

春、爛漫。─小春日和、透き通る様な青空、綺麗な花々─

気持ちの良い陽気となった本日、千葉のSL・・・ではなく、ハヤネブ近辺を散策してきました。今回は鉄道写真よりも風景写真のほうが多くなりますので、ご留意ください。

Img_8252

色鮮やかな河津桜と、211系。バックには海・・・(早川~根府川間)。

まずは真鶴で降り、寝台特急「富士/はやぶさ」を狙いましたが、185系に被られ一人撃沈するという大失態。その後もEF65 1079牽引の951レも失敗し、少し凹んでいました。

ですが、そんな気持ちを吹き飛ばしてくれたのが、すぐそこから広がっている広大な太平洋でした。

Img_8007

海はどこまでも続く・・・。

こんな広大な海の表情を見ていると、自然と凹んだ気持ちもどこかへ行ってしまいました。また来ればいいんです。また、チャンスはありますからね。

その後、撮影地の移動をしていると・・・まばらに咲くこの花が。

Img_8031

梅の花が咲き出した。

早春の代名詞、梅の花が咲いていました。今日はとても暖かい陽気でしたので、梅の花も太陽の光を浴び、気持ちよさそう・・・。思わず、色々なカットを撮影してしまいました。

その後、少し移動して初の東海道新幹線撮影へ。

通過したのを確認し、折り返しを待っていると・・・来ました、こいつ。

Img_8101

500系W8編成による「のぞみ」29号(小田原~熱海間)。

東海道新幹線では殆ど見ることのできなくなった、500系。ご一緒した青空フリーパスさん、使徒さんがダイヤを把握していたため、少し待っただけで撮影することができました。最新のN700系も格好良いですが、この500系もかなり格好良いですね。来春の撤退まで、しっかり走り抜けて欲しいところです。

この後は、少し山道を登ってこんな所へ。

Img_8144

美しく咲き乱れる河津桜・・・。

少し登った所には、早咲きの桜として有名な「河津桜」が、見事に咲き誇っていました。地元の使徒さんでさえ知らなかったこの場所。思わず見入ってしまいました・・・。

よく見ると、奥にはスイセンも。となると・・・?

Img_8190 

見事なコラボレーションが実現した。

スイセンの白に、河津桜の鮮やかな桃色がベストマッチ。とてもいい一枚となりました。

もう少し登ってみると、今度はバックを走る東海道新幹線・東海道本線と河津桜を絡めて撮影できるポイントを発見しました。

Img_8299

河津桜と橋梁を渡るE231系。

Img_8247

桜、300系、海。

来春はかなり見ることが難しくなっているであろう、300系と桜。とりあえずは、記録することができました。

その後、もう一度先ほどの場所へ。ここで、青空フリーパスさんより、90mmF2.8をお借りし、その威力を試してみることに。

Img_8335

スイセンと桜。

Img_8346

鮮やかな河津桜・・・

本当に見事な風景を見ることができました。しっかり、堪能してきました。。。

春の訪れを告げる、暖かな陽気に、これらの花々。とても気持ちの良い、最高の一日を過ごすことができました。

最後までご一緒した青空フリーパスさん、使徒さん、途中までご一緒した埼京線もどきさん、FOLSさん、YTさん、いんでっくすさん、お疲れ様でした。


« とうとうこの時が・・・ “東武顔”の2連消滅へ | トップページ | 「しんしんと・・・」雪中撮影記─水戸線にて─ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/28114086

この記事へのトラックバック一覧です: 春、爛漫。─小春日和、透き通る様な青空、綺麗な花々─:

« とうとうこの時が・・・ “東武顔”の2連消滅へ | トップページ | 「しんしんと・・・」雪中撮影記─水戸線にて─ »