« 初めて見る行き先・・・ 冬晴れの野田線で撮影する! | トップページ | 春、爛漫。─小春日和、透き通る様な青空、綺麗な花々─ »

2009年2月 8日 (日)

とうとうこの時が・・・ “東武顔”の2連消滅へ

6日の話です。

気持ちの良い晴天となったこの日、東武鉄道からまた一つ、名車が消滅していきました。
8000系2連の内、1986年度に修繕工事を請けた8509Fが廃車。同じく8516Fは先月廃車済みなので、これをもって消滅となりました。

今回は、そんな8000系2連の初期修繕編成の活躍を振り返ってみたいと思います。

Img_7825

去り行く8509F(鎌ヶ谷)。

そもそも、1986年度に修繕工事を施工された編成は以下の8編成でした。

●2連
・8509F(七光台)
・8516F(春日部)
●4連
・8127F(春日部)
・8130F(春日部)
●6連
・8104F(七光台)
・8108F(森林公園)
・8111F(森林公園)
・8112F(森林公園)

これを見て頂ければお分かりの通り、2連は2本しかなかったんですね。なので、廃車は本当にいわば一瞬の内に行われてしまいました。

そんな2連の初期修繕編成の活躍を、少しだけですが振り返ってみたいと思います。

・2008年1月23日──雪の中でも

この日は、私立高校の入試でした。
朝から雪が降っていましたが、午後になっていよいよ本降りに。積もる程の勢いで降ってきました。

そんな中、大宮で見かけたのが8509F+8143Fでした。

Dsc02901

前面に雪をつけながら、柏行きとして佇む8509F(大宮)。

前面に雪をつけながらも、黙々と乗客を乗せる8509F。鉄道の力強さを感じさせられた一瞬でしたね・・・。

・2008年7月5日──初めて本格的に撮影してみた

この日は本線での狙いであった8127Fの運用が分からず仕舞いだったので、殆ど初めてである野田線の撮影へ。ここで、運用を調べて撮影したのがこの編成でした。

Dscf9234_edited

大宮行きで到着する8509F(南桜井)。

前照灯を点灯させ、のんびり到着してきた8509F。このまったりムードが、野田線のいい所なんですよね・・・。

・2008年7月15日──ちょっとした珍運用に

本線で活躍する8516Fにも触れておきましょう。

この日は、埼京線もどきさんと共に春日部区まで歩こうという話が出たのですが、その前に一本撮影することに。

Dscf9493

珍運用で到着した8516F(姫宮)。

なかなか珍しい、普通浅草行きで8123F+8516Fが到着しました。この頃から、運用を調べて「来るなら」と撮影していた自分がいた気がします。。。

・2008年8月11日──俯瞰してみた

東武動物公園5番線に到着する6連、8連の列車は、上に架かる連絡通路からかなり綺麗に俯瞰できることを知ったので、この編成を撮ってみました。

Dscf0109

区間準急の運用に就く、8516F(東武動物公園)。

上から見る初期修繕編成の顔は、なんだかいつもより凛々しく映りました。また行きたいポイントです。

さて、飛びにとんで2009年1月の話題です。

・2009年1月7日──あいつを最後に見かけた日

この日は、先日の記事でも触れましたが、8130Fの最終運用日でした。ですが、この時沿線で張っていたのは8516F+8139Fを撮影するためでした。

Img_7190

いつもどおりの運用でカーブを曲がる8516F(東武動物公園~姫宮間)。

この列車で100-300mmの凄さを思い知り・・・帰路につこうとした時に8130Fが到着したんですよね。

そして、この2日後には8130Fの廃車回送。これで、次に追うのは8516F・・・と思いつつも、なかなか運用を調べたりせずにいたところ・・・1月15日の最終運用、そして16日の廃車回送。全くの予想外の展開に、あいた口がふさがりませんでした・・・。

・2009年1月29日──特徴的なその顔を

この日は、朝かなり早く家を出て、沿線へ。8509Fの運用離脱が近いだろうと考え、撮影を強化していたんですね。

Img_7601

特徴的な前面をアップで(春日部~八木崎間)。

多くのファンサイト等で取り上げられていますが、この8509Fの特徴として「種別幕が黒幕となっている」というのがあります。これは同線を走る中期修繕の8000系とそろえる目的があったのだと思われますが、同じく同線を走る初期修繕編成の8104Fはこの仕様とされていないため、同編成だけの特徴となっていました。

この特徴を押さえるため、あえて縦アンで前面ドカンと。失敗なのか成功なのかよくわからない画像となりましたが、なんとか記録することができました。

・2009年2月4日──そして最終運用へ

この日は入試関係で学校が早帰り。帰宅しながら運用を調べてみると、8143F+8509F、どうやら今日で七光台入庫の模様。最近のパターン的に、これが最終運用の可能性が高い。そう睨み、七光台行きを撮影すべく夜の野田線へと出撃したのでした。

とは言っても、まだ広角を持ち合わせていないためにあまり余裕のない駅は不可能。となると、どこがいいかな・・・と思い、青い快速さんに誘いがてらお聞きすると、「梅郷はどうか」との返答だったので、梅郷で待ち合わせることに。

同編成の充当列車が到着する1本前の列車で到着し、青快さんと合流。気になる駅構造は・・・?見事、完璧でした。上りホームが下りホームより後方にズレているため、撮影に最適でした。

そして、喜んでいる内に接近放送が掛かりました。

Img_7940

8143F+8509F最終運用となった1960レ 普通七光台行き(梅郷)。

暗闇からその姿を見せた、8509F先頭の1960レ 普通七光台行き。結局、これが8509Fの表示する「七光台」表示最初で最後の記録となってしまいました。

そして、この2日後の6日金曜日、8509Fは長く連れ添った8143Fと共に、渡瀬北留置線へと回送されて行きました。。。

──東武8000系8509編成概要──

竣工 1965年10月10日
製造所 日本車輌製造
編成 2両固定
冷房化改造竣工 1980年3月14日
更新修繕工事竣工 1986年10月(1986年度、第一次修繕に該当)

所属区所一覧
川越電車区(当時) 1965年10月-1980年
春日部検修区(当時) 1980年-2007年10月
七光台検修区 2007年10月-2009年2月

編成構成
モハ8509(モハ8500形、Mc)-クハ8609(クハ8600形、Tc3)

──東武8000系8516編成概要──

竣工 1965年10月10日
製造所 日本車輌製造
編成 2両固定
冷房化改造竣工 1981年3月10日
更新修繕工事竣工 1987年3月(1986年度、第一次修繕に該当)

所属区所一覧
西新井電車区(当時) 1965年10月-2007年8月
七光台検修区(当時) 2007年8月
南栗橋車両管理区春日部支所 2008年7月-2009年1月

編成構成
モハ8516(モハ8500形、Mc)-クハ8616(クハ8600形、Tc3)

同時に廃回された8139F・8143Fのデータも掲載します。

──東武8000系8139編成概要──

竣工 1968年4月17日
製造所 ナニワ工機(後のアルナ工機、現アルナ車両)
編成 4両固定
冷房化改造竣工 1980年7月22日
更新修繕工事竣工 1991年3月(1991年度、第二次修繕に該当)

所属区所一覧
春日部電車区(当時) 1968年4月-1984年11月
館林検修区 1984年11月-2003年3月
南栗橋車両管理区春日部支所 2003年3月-2009年1月

編成構成
クハ8139(クハ8100形、Tc1)-モハ8239(モハ8200形、M1)-モハ8339(モハ8300形、M2)-クハ8439(クハ8400形、Tc2)

──東武8000系8143編成概要──

竣工 1968年10月19日
製造所 日本車輌製造
編成 4両固定
冷房化改造竣工 1981年8月25日
更新修繕工事竣工 1994年8月(1994年度、第二次修繕に該当)

所属区所一覧
川越電車区(当時) 1968年10月-2003年11月
南栗橋車両管理区春日部支所 2003年11月-2007年10月
七光台検修区 2007年10月-2009年2月

編成構成
クハ8130(クハ8100形、Tc1)-モハ8230(モハ8200形、M1)-モハ8330(モハ8300形、M2)-クハ8430(クハ8400形、Tc2)

皆、本当に・・・お疲れ様でした。


« 初めて見る行き先・・・ 冬晴れの野田線で撮影する! | トップページ | 春、爛漫。─小春日和、透き通る様な青空、綺麗な花々─ »

コメント

夜遅くまで付き合っていただき、みどあずさんもお疲れ様でした。。。

にしても本当に最終運用だとは思いませんでしたね。
これでまた朝の楽しみが減ってしまいました・・・。

投稿: 青い快速 | 2009年2月11日 (水) 00時17分

少し?お久しぶりです。

残念ですね。8509Fは本線在籍時代、81113Fと一緒に私の超お気に入り編成だったのですが、今回、8509Fは廃車、81113Fは転属になってしまいました。

日曜日の朝の時点では、8143Fと8509Fはまったく別の場所にいました。

ご冥福をお祈りいたします。

投稿: 区間準急竹ノ塚行き | 2009年2月11日 (水) 08時34分

青い快速さん>
コメントありがとうございます。

いえいえ、こちらこそ突然お呼び立てしてしまい申し訳ありませんでした。また、お疲れ様でした。

そうですねぇ・・・予感はしていましたが。ですが、いざいなくなるとやはり寂しいですね。

区間準急竹ノ塚行きさん>
コメントありがとうございます。

お久しぶりです。
私は昨年4月まで東武は殆ど利用していなかったので、8509Fの活躍は野田線でしか見たことがありません。81113Fの活躍は幾度も見ていましたが、記録となるとあまりないような気がしますね・・・。

既に、8509Fは解体が始まっているようですね。最近作業ペースが早くてついていけないです・・・。

投稿: 緑のあずさ | 2009年2月11日 (水) 22時21分

お早うございます。このブログコーナーには多分初めてであると思います。
8509Fですが、一昨年の秋に大宮公園→北大宮間で撮っています。本当に東武顔は風前の灯火になりましたよね!それでも今回の廃車はそんな8509Fのみにとどまらずに更新によりパンダ顔になってしまった8143Fまでもが道連れになりましたよね!延命工事の為にパンダ顔されたモノまでもが廃車ターゲットになっている以上は8000系そのものが貴重な存在ではありますよね!もう3連バージョンである800系や850系のタネ車は足りてしまっているのでしょうね!

投稿: 開運skyliner | 2009年2月14日 (土) 07時39分

開運skylinerさん>
コメントありがとうございます。

当ブログへのコメントは、先日209系500番台の記事にて頂いております。
撮影されたのですね。私も何度も撮影しておりましたので、これら編成の引退は残念でなりません。
8509Fは8143Fを、8516Fは8139Fをそれぞれ道連れにして行ってしまいました。どちらも余剰となっていあたため、そのまま廃車の措置がとられたのだと思います。残念ですが、仕方のないことでしょうね・・・。

いよいよ東武最古参の部類に入る8000系も廃車のペースが増してきました。日常の姿をしっかり記録しておくべきでしょうね。

投稿: 緑のあずさ | 2009年2月14日 (土) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/27846757

この記事へのトラックバック一覧です: とうとうこの時が・・・ “東武顔”の2連消滅へ:

« 初めて見る行き先・・・ 冬晴れの野田線で撮影する! | トップページ | 春、爛漫。─小春日和、透き通る様な青空、綺麗な花々─ »