« 新年最初の特急 「ニューイヤーエクスプレス」を撮る! | トップページ | お疲れさま、ザンマル。 »

2009年1月 5日 (月)

【蔵出し写真館】懐かしのあの車両・・・JR編

2009年も明けてから5日が経ちました。本日から会社が始まった、なんて方も居られると思います。実際、私も本日から部活が始まりました。

そんな本日は、蔵出し写真館第一回ということで、懐かしの車両達を取り上げてみようと思います。第一回の今回は、JR編。かなり酷い画像ですので、雰囲気だけお楽しみください(汗

Dsc06415

常磐快速線で活躍した103系(上野)。

色々と以前の画像を漁っていると、割と出てくるものなんですよね。。。

まずはこんなのを紹介してみようと思います。

Dsc05686

首都圏の大動脈、山手線で活躍した205系(上野)。撮影日 05.2.25

山手線で2005年4月まで使用された、205系(ウグイス色)です。1985年から山手線で運転を開始し、その後首都圏全域や関西線区用に増備されました。E231系500番台の登場により山手線での運用を追え、改造を施された上で武蔵野線、仙石線、鶴見線などへ聴牌されて運用中です。

このウグイス色、実は205系ではカナリア色と共にすきな塗装の一つでした。なので、消滅はとても残念でした。。。いつか復活してくれることを待ちに待っているところです(笑)。
ちなみに、量産編成から改造・転属が進み、最終的に残ったのは側窓が田窓である試作編成でした。

続いては、この車両。

Dsc03940_edited

京浜東北・根岸線で活躍した209系910番台(上野)。撮影日 04.8.14

現在のJR東日本のステンレス車体を持つ通勤・近郊・一般型の礎を築いた、209系試作編成3本の内の1本である910番台(ウラ91編成)です。登場時は901系を名乗り、900番台がA編成、920番台がC編成、そしてこの910番台はB編成を名乗っていました。2006年12月に運用を離脱し、その後長野へ配給。14年の短い生涯を閉じました。

E233系の進出する以前、209系の牙城であった頃の京浜東北・根岸線はその殆どが0番台であり、その中で異性を放っていたのが500番台とこの試作トリオでした。スカートの丈が短く、何だか可愛らしい車両でした。

続いては、この車両です。

Dsc01473

青梅・五日市線で活躍した201系(奥多摩)。撮影日 05.5.7

青梅・五日市線で活躍した201系です。4連と6連があり、4連から最長10連まで様々なバリエーションがありました。中央快速線の201系に設置されている前面種別表示機を始め、機器構成が違うために中央快速線には営業運転では入線しませんでした。前面の「青梅・五日市線」のステッカーが特徴的でしたが2008年2月19日に青梅線での大半の運用を、そして3月26日には一部青梅線と五日市線での営業運転を終了し、6月までに全編成が廃車となりました。

バーミリオンオレンジ色の201系は前面種別表示機がない方が好きだった私にとって、この201系はかなり好みの車両でした。受験シーズンに関わらず、何度も撮影に行ったあの日も今は懐かしい思い出です。。。

続いてはこの車両の登場です。

Dsc01866

常磐・水戸線などで活躍した415系(小山)。撮影日 06.6.11

2007年3月まで常磐線で活躍した、415系です。この415系は、なんと言っても編成バリエーションが面白かった。ステンレスの1500番台との併結なんて当たり前、銅製車の間に1両だけ挟まれたステンレス車や中間に組み込まれたクハ、それに403系なんかが混ざっていたり、デカ目がいたり、二階建てのクハがいたり。本当に面白い車両でした。先日、JR東管内に残された最後の銅製車2本と1500番台のトップナンバーが九州へ旅立ちましたね。末永い活躍を期待したいところです。

割と近場にいるながら、あまり撮影したことがなかったのが415系でした。水戸線での4連、常磐線での15連、どちらも好きだったんですけどね。。。

続いては、この車両にも登場してもらいましょうか。

Dsc05907

川越・八高線で活躍した103系3500番台(川越)。撮影日 05.3.19(運用最終日)

川越・八高線では、遍歴をもった103系が活躍していましたね。そんな中でも1本のみの存在だったのが、3500番台(ハエ56編成)です。この3500番台は0番台にドア開閉ボタンなどを取り付けただけで運用されていた編成で、八王子~高麗川間電化開業の際に増備されました。2005年3月には運用を離脱し、そのまま廃車・解体となりました。

実はこの編成、私が始めて川越線を利用した際に乗車した編成でした。初めての路線で形式もわからず、「クハ103-3501」という車番を見てトップナンバーか、なんて思った記憶があります。
05年3月19日、この編成の運用最終日、偶然にも土・日きっぷでの旅行中にこの編成に遭遇、何も知らずに川越→高麗川間で乗車しました。もちろんこれが同編成にとっての最終運用。それを帰ってから知ったとき、感慨深いものを感じたのは言うまでもありません。。。

さて、これにて蔵出し写真館第一回を終わりたいと思います。

こんな車両もいたな、あんな車両もいたな、と懐かしい気分に浸って頂けたでしょうか。私自身、懐かしい車両達の画像を見ながら当時を振り返っていました。もう会うことのできなくなったこれらの車両達に、一言・・・思い出をありがとう。

次回は私鉄編をお送りします。


« 新年最初の特急 「ニューイヤーエクスプレス」を撮る! | トップページ | お疲れさま、ザンマル。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/26839172

この記事へのトラックバック一覧です: 【蔵出し写真館】懐かしのあの車両・・・JR編:

« 新年最初の特急 「ニューイヤーエクスプレス」を撮る! | トップページ | お疲れさま、ザンマル。 »