« 久々の復活!“Pトップ”、快速「EL&SL奥利根」に充当 | トップページ | 8日の高崎線臨時2題 »

2008年11月 9日 (日)

深秋の横川へ 快速「碓氷」運転

昨日8日の話です。

秋も深まり、寒くなってきましたね。紅葉も綺麗になって来ました。

そんな中、秋本番を迎えた群馬は横川へ向かう臨時、快速「碓氷」が運転されました。

Dscf4462

常磐線の顔、651系と並ぶ183系による快速「碓氷」(上野)。

快速「碓氷」は、上野~横川間を結ぶ不定期快速列車で、最近は5月と11月に運転されるのが通例となっています。

そんな快速「碓氷」、実は前々から撮影したいと考えていた列車でしたので、かなり前から運転情報を確認し、当日まで待ちわびていた次第です。

少し寝坊しながらも上野へ。既に15番線には充当される183系OM102編成が入線済み。前面愛称表示機は碓氷峠をモチーフとした「碓氷」の専用幕になっていました。

Dscf4465

「めがね橋」や碓氷峠の山々をモチーフとした専用HM。

このHMが、ずっと撮影したかったんですね~。撮影でき、まずは一安心です。

Dscf4466

専用の幕も用意されている。

専用幕もしっかり用意されています。国鉄書体とJR書体(?)の混じった、特徴的な幕に仕上がっています。。。

これを撮影しながら移動し、先頭側にて車両全体を撮影しました。

Dscf4478

充当された183系OM102編成。

当日充当されたのは、OM102編成。大宮区波動用編成の一員として活躍しているこの編成は、この快速「碓氷」を始め、多くの臨時列車に対応した幕を装備しています。これは同区183系に共通することで、JR側の意気込みを感じますね。

この後、発車を見送り、次なる目的地へ移動しました。

年に2回の運転回数のため、見る機会の少ない快速「碓氷」。ですが、乗車率はなかなかのものでした。

来年も運転されることを期待したいですね。そのときは、是非沿線で撮影したいところです。


« 久々の復活!“Pトップ”、快速「EL&SL奥利根」に充当 | トップページ | 8日の高崎線臨時2題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/25179306

この記事へのトラックバック一覧です: 深秋の横川へ 快速「碓氷」運転:

« 久々の復活!“Pトップ”、快速「EL&SL奥利根」に充当 | トップページ | 8日の高崎線臨時2題 »