« 8日の高崎線臨時2題 | トップページ | 2年振りの運転 快速「とちぎ秋まつり」 »

2008年11月10日 (月)

紅葉、真っ盛り・・・箱根へ

続いて、本日9日の話です。

本日は、家族旅行ということで紅葉が見ごろを迎えている、箱根へ行って来ました。

Dscf4773

箱根ロープウェイで活躍した搬器三代の並び(姥子駅前)。

朝7時頃に起床し、のんびりと迎えの車を待ち、到着次第出発。これが午前8時前でした。

まず最初の目的地である「箱根湿生花園(公式サイトはこちら)」に到着したのは、9時半頃。東京からだと、こんなに近いものなのか・・・とつくづく東京の勝手のよさを思い知った次第です。

ここでは、見事に色づく紅葉を楽しみました。

Dscf4632

色づき最盛期なもみじ。

園内の木々は、その殆どが色づき、赤や黄色へと葉の色を変えていました。その光景は、まさに絶景といったところでした。。。

続いて、「箱根ガラスの森美術館(公式サイトはこちら)」へ。ここではガラスを使用した造形作品が展示されていましたが、規模が半端なく、驚きの作品もあり、かなり見応えがありました。

Dscf4737

葉のかわりにガラスの取り付けられたツリーと、鮮やかに咲き誇るパンジー。

色々工夫をしながら撮影をしましたが、撮影面でも楽しむことのできる所でした。

鉄道系ブログなので観光地ガイドはこのくらいにして、本題に移りたいと思います。

桃源台より家族と別れ、弟と2人、箱根ロープウェイに乗車してきました。

まずは、桃源台の駅舎を撮影。

Dscf4743

改装されたばかりの桃源台駅舎。

この桃源台を含む箱根ロープウェイは、2006年6月~2007年6月まで営業を休止し、大規模な改修工事を行いました。これに伴い、この駅舎もかなり改装され、現在も綺麗な姿を保っています。構内にはロープウェイ乗り場の他に遊覧船などの乗り場もあり、活気付いていました。

ここからは、久々となるロープウェイの旅。

Dscf4756

ロープウェイからの眺め。

先述の改修工事にて複式単線自動循環式(DLM)フニテルへと変更された同線は、現在はスイス製の搬器が活躍しています。

Dscf4787

Dscf4788

Dscf4795

カラフルな搬器(姥子)。

搬器はカラフルな色使いが施され、確認できた中では赤、青、白がありました。恐らくそれだけかと思われますが、それにしてもカラフルでしたね。。。

桃源台から乗車していると、姥子に近づきました。すると、駅前にどうも初代、二代目の搬器が展示されているようでしたので、急遽途中下車し、撮影に行ってみました。

駅を出ると、そこには確かに、初代、そして二代目の搬器が保存されていました。

まずは、手前に保存されていた初代搬器を撮影してみました。

Dscf4783

「101」と書かれた初代搬器。

車体番号は101であることから、100型でしょうか。灰色をベースに、特急「ロマンスカー」で活躍していた旧3000形や7000形(旧塗装)を模したカラーリングとなっています。

そのお隣には、こちらは見たことも乗ったこともある懐かしい姿、二代目搬器が展示されていました。

Dscf4780

こちらは「201」と書かれている二代目搬器。

こちらは、201と書かれていることから200型かな・・・?と思いましたが、そういえば先ほどまで乗っていた三代目にも2**の文字がありました。実際のところ、どうなんでしょうか。

懐かしい姿に思わず何コマも撮影してしまいました。

両器とも多少汚れなどがあるものの、保存状態は良好でした。今後も、この姿が維持されることを願いたいところです。。。

さて、一通り撮影を終え、またも箱根ロープウェイへ。これに乗って大涌谷まで行き、家族との合流を試みましたが・・・渋滞にはまったということなので、暫し足止め。

その間、少し観光してみました。

Dscf4826

湯気の立ち上る大涌谷。

降りたときから、衝撃的な光景でした。とにかく、凄い・・・どこからともなく湯気が立ち上り、紅葉とのコントラストはまさに“異界”でした。。。

駅舎を左に出ると、この駅で分割されている大涌谷~早雲山間のロープウェイが見えました。元々は全線で繋がっていましたが、先の更新工事で桃源台~大涌谷間、大涌谷~早雲山間で分けて更新工事を行ったため、この駅で乗り換えが必要となりました。

そんな早雲山側のロープウェイはどんなものかな?と撮影してみました。

Dscf4809

色づく箱根の山の上に架かるロープウェイ。

車両自体は同じもののようでした。それにしても、駅を出た瞬間からこんな物凄いところを走行するとは、さすがというか・・・箱根ですね(ぇ

その後、家族と合流したので、少し上ってみることに。

登山道?を上っていると、頭上にロープが張ってあるのを発見。何かと見ていると・・・なにやら箱が・・・?

頂上で確かめてみました。

Dscf4822

簡易的なロープウェイだった。

それは、中腹と頂上を結んでいる簡易的なロープウェイでした。簡易的ということで人が乗車することは想定されていないと思われます。籠型の搬器には、大涌谷名物の「黒玉子」がたくさん。どうも、頂上で茹で、中腹に下ろしているようでした。これは面白いものを見ることが出来ました。

その後は、名物の黒玉子を食し(これがかなり美味でした)、記念撮影などを終え、下山。帰り際に箱根湯本の温泉へ寄り、のんびりと帰路につきました。

今が旬である紅葉を堪能し、普段はあまり触れることのない「ロープウェイ」を撮影することができ、なかなか充実した旅行となりました。

今度の週末は、家族で、親しい人と一緒に、箱根へ訪れてみてはいかがですか?


« 8日の高崎線臨時2題 | トップページ | 2年振りの運転 快速「とちぎ秋まつり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/25181892

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉、真っ盛り・・・箱根へ:

« 8日の高崎線臨時2題 | トップページ | 2年振りの運転 快速「とちぎ秋まつり」 »