« 湘南の風を感じながら・・・① 「江ノ電」を撮影する | トップページ | 久々の復活!“Pトップ”、快速「EL&SL奥利根」に充当 »

2008年10月27日 (月)

湘南の風を感じながら・・・② 「片瀬江ノ島行き」を撮影する

藤沢に戻った私たちは、小田急へ入りました。実は、金曜日に見かけたからというもの、無性に「片瀬江ノ島行き」の列車を撮影したくなったので、行って来ました。

Dscf4199

出発して行く3260Fによる各停片瀬江ノ島行き(高座渋谷)。

藤沢から各停に乗り込み、ロケハンしながら移動。途中高座渋谷で狙ってみたものの、納得できず移動。結局大和に決め、撮影を開始しました。

まずは、到着したらすぐに入線してきてしまった(涙)、この編成。

Dscf4210

5269Fによる各停片瀬江ノ島行き(大和)。

本当は撮影したかったのですが、過ぎてしまったものは仕方ありませんので、停車を撮影しそそくさと先端へ移動しました。

撮影をすると、まずはこの編成が到着しました。

Dscf4216

8255F充当の片瀬江ノ島行き。

まずは、8255F充当の列車でした。ですが、この列車は待避のため副本に入線・・・あまり満足の行くものは撮影できず。

この次も快速急行の待避列車だったので同じような結果に・・・。とりあえず、藤沢行きの快速急行も撮影しました。

Dscf4233

8000形他による快速急行藤沢行き。

やはり、本線に入ってくる構図が撮影しやすい・・・この次の列車は待避がないようでしたので、時間もないので賭けてみました。

接近が流れ、入線・・・。

Dscf4238 

1700形1753Fによる片瀬江ノ島行き。

やっと納得いくものが撮影できました。ですが、もう一度来たいところです。

湘南の香りを感じさせる、冠に「片瀬」をいう言葉をつけられた、片瀬江ノ島駅。江ノ島線のローカル列車の終着点として、そして行楽特急の終点として、今後も機能し続けることでしょう。のんびり来てみたいところですね。


« 湘南の風を感じながら・・・① 「江ノ電」を撮影する | トップページ | 久々の復活!“Pトップ”、快速「EL&SL奥利根」に充当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/24770557

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南の風を感じながら・・・② 「片瀬江ノ島行き」を撮影する:

« 湘南の風を感じながら・・・① 「江ノ電」を撮影する | トップページ | 久々の復活!“Pトップ”、快速「EL&SL奥利根」に充当 »