« Perfect affection~初期修繕車の舞~ | トップページ | 伊豆高原の“主”・・・ クモハ103の勇姿を撮る! »

2008年8月15日 (金)

最後の活躍、伊豆急200系を追う

久々の単体記事となります。

13日~14日に掛けて、家族と伊豆旅行へ行ってきました。そのときの撮影記録を少し。。。

まずは、臨時列車で最後の活躍を見せる伊豆急行の200系の話題から。

Dscf0125_edited

臨時「ビーチトレイン」号で最後の活躍を見せる200系(片瀬白田~伊豆稲取間)。

2000年、それまでの伊豆急行の主役であった100系・1000系の置き換えのために、伊豆急行線に入線したのが200系でした。この形式は、JR東が所有していた113系・115系を必要最小限の改造を行っただけで入線し、100系列を置き換えました。
少しの間この形式と2100系「リゾート21」が伊豆急線の普通列車に使われてきましたが、それも束の間、東急8000系を改造した8000系が登場、繋ぎ役であった200系は早々と廃車が開始されました。
そして、今年7月を以って定期運用から離脱した200系は、7月26日~8月17日に運転されている臨時「ビーチトレイン」号の運用で、最後の勇姿を見せてくれています。

そんな200系を撮影してきました。

まずは13日。有名な撮影地である片瀬白田~伊豆稲取間で撮影してきました。

Dscf0124

海をバックに快走する200系F11編成による「ビーチトレイン」(片瀬白田~伊豆稲取間)。

海沿いを走るこの路線の最大の見せ場である、片瀬白田~伊豆稲取間。前々からここで撮影したいと考えていたので、今回訪れてみました。微妙な構図となってしまいましたが、まぁまぁかと思います。。。

さて、この返しを同じ区間で撮影するため、三時間待ちました・・・。日差しが強く、日焼けし放題でした(汗

ということで、同じ区間ですが場所を変え、もう一発撃ちます。

Dscf0161_edited

海を横目に302レ、普通伊豆高原行きに充当される200系F11編成。

伊豆急下田からの折り返しは、伊豆高原行きの普通列車に充当されます。ここで伊豆高原に入庫し、13日は運用を終えました。

さて、この後は伊豆高原で撮影してきました。

ご存知の方も多いとは思いますが、伊豆高原駅には伊豆急の車庫となる「伊豆高原電車区」が隣接しています。ここで撮影してきました。

Dscf0183

スカートがはずされたF9編成(伊豆高原電車区構内)。

現在、200系はF11編成が残っている以外は廃車となっているようです。構内には、F9編成(これは廃車確実)とF10編成がいましたが、どちらもスカートをはずされた姿で留置されており、営業運転には入れない状態です。

Dscf0188

200系の並び、左からF10編成(廃車)、F9編成(廃車?)、F11編成。

おそらくこれが最後になるであろう、3並び。特にF10編成はいつ搬出されてもおかしくない状況なので、並びを撮影したい方はお早めに。

さて、このF10編成をもう少し撮影してみました。

Dscf0245

伊豆高原駅横の踏切横に放置されている、F10編成の両先頭車。

留置線の長さが影響しているのでしょうか、この編成は何故かこちら側の踏切横には両先頭車、そして駅反対側の踏切横に中間車が分けて留置されていました。

Dscf0253

こちらもスカート、そして配線類は既にはずされていた。

配線類やスカートは既に外されていました。残存している編成の部品取りとして廃車になった編成なので、今後もどんどん寂しい姿になっていくのでしょう。。。

続いて、反対側のモハの元にも行ってみました。

Dscf0236

伊豆急下田寄りの踏切横に放置されているモハ278。

1両だけで放置されている姿は、とても寂しいものでした。

さて、撮影をしていると構内でF11編成が入れ換えを始めましたので、急いで駅に戻りました。

Dscf0293

入れ換えで目の前に姿を見せた、F11編成。

200系としては最後に入線したF11編成。結局、最後の200系となってしまいました。この編成も、今年度中には引退を迎えるようです。

これを撮影し、2100系による普通で熱海へ戻りました。

2日目、引き続き「ビーチトレイン」を撮影してきました。

Dscf0321

今回は無難に編成を・・・伊豆高原にて。

何人かカメラを構える方がいる中、ゆっくりと入線してきたF11編成。国鉄型独特の台車の響きに懐かしさを覚えました。。。

Dscf0324

「ビーチトレイン」のHM。

前面向かって右側の窓には、ささやかながらHMが貼り付けられていました。

Dscf0323

伊豆高原を発車する、「ビーチトレイン」。

発車を見届け、おそらく最後になるであろう200系の撮影を終了としました。

伊豆急に来てから、わずか8年少しで当線での活躍の幕を閉じようとしている、200系。ですが、この形式の功績は十分評価できるものだと思います。

伊豆の潮風に吹かれながら走る200系の姿を、皆さんも一度に見に来てはいかがでしょうか。


« Perfect affection~初期修繕車の舞~ | トップページ | 伊豆高原の“主”・・・ クモハ103の勇姿を撮る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/23008960

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の活躍、伊豆急200系を追う:

« Perfect affection~初期修繕車の舞~ | トップページ | 伊豆高原の“主”・・・ クモハ103の勇姿を撮る! »