« 最後の活躍、伊豆急200系を追う | トップページ | 西武ミステリー号、運転! »

2008年8月15日 (金)

伊豆高原の“主”・・・ クモハ103の勇姿を撮る!

さて、前記事からの続きです。

1日目に伊豆高原に行った際、伊豆高原の“主”が動いていたので撮影してきました。

Dscf0206

200系F9編成と並ぶ、動態保存車(?)の100系クモハ103号(伊豆高原電車区構内)。

伊豆高原の“主”とは、私が勝手に呼んでいるだけですが(汗)、伊豆高原電車区内で動態保存(?)されている名車、100系クモハ103号のことを指しています。
2002年に営業運転から外れた後も伊豆高原電車区構内の入れ換え用に残されているこの車両、日によって稼動状況はかなり違うようで、1日目は活発に動いていたにも関わらず2日目は8000系の奥に引っ込んでいました。

Dscf0172

夏だからか、貫通扉を開いたまま入れ換えに従事するクモハ103号。

運転室は暑いんでしょうか、私が見ている限りずっと貫通扉を開けたまま入れ換えを行っていました。本当は閉じた姿も見てみたかったですが、これはこれで貴重なカットとなりました。

Dscf0193_2

クモハ103号の車番。

Dscf0194

社紋。

細かい撮影を終えたところで、2100系の中間車2両とともに奥の方へ行ってしまいました。

多少錆などが浮いているものの、今も元気に活躍するクモハ103号。これからも、伊豆高原の地に「降臨」し続けてくれるでしょう。いつまでも元気な姿を見せて欲しいものですね。


« 最後の活躍、伊豆急200系を追う | トップページ | 西武ミステリー号、運転! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/23009458

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆高原の“主”・・・ クモハ103の勇姿を撮る!:

« 最後の活躍、伊豆急200系を追う | トップページ | 西武ミステリー号、運転! »