« TX-2000系に増備車登場! | トップページ | 西武鉄道で、秩父礼所総開帳号運転中! »

2008年6月 5日 (木)

“サークルK”を撮る!~東急の希少車たち~

最近、鉄活動をしすぎているような気がします。その証として、今回のテストは凄まじい結果でした・・・。少し自粛するかもしれません。

とかいいつつ、開校記念日だった本日、またも撮影に行ってきました(ぉ

Dscf8467

8500系で唯一原型を保つ、8606F(青葉台)。

“サークルK”。これが何か分からない方もいるかと思います。決して、某コンビニではありません(ぇ

“サークルK”とは、東急田園都市線で使用されている東急車の内、東武用の乗り入れ機器を搭載しておらず、東急線内及び東京メトロ半蔵門線内までの運用にしか入れない編成の事を指します。これらの編成は全ての編成に例外なく○印の中に「K」の文字がいれられたステッカーが貼られており、ここからこれらの編成は通称“サークルK”と呼ばれています。この“サークルK”に指定されている編成は、特徴的な編成がかなり多く(というか、特徴的な編成で構成されている)ので、ファンの間では密かに人気があります。

さて、前置きが少し長くなりましたが、本題に。

実は、私自身も前々からこの“サークルK”を撮影したいと考えていましたが、これらの編成が入れる運用は平日のラッシュ時などに限られており、学校がある今まで撮影に行くことができませんでした。ですが、本日は開校記念日であり休みであったことから、思い切って撮影に行ってきた次第です。

まずは、永田町で青空フリーパスさんと合流。運用情報を確認しつつ、撮影行程を練りました。

まずは、梶ヶ谷で降りて撮影。

Dscf8398

東武からの乗り入れ車、50050系51058F(梶ヶ谷)。

50050系で練習。なかなか良い撮影地です。

と、ここで渋谷方面の線路を通過していく車両の姿に、私達は思わず絶句しました。

Dscf8402_edited

今回の大目的が通過。

なんと、運用情報が確認できなかった、かつ今回一番の目標としてみていた8606Fが通過して行ったのです!嬉しいことに、準急運用についていました。これはかっこ良い・・・。

この8606Fの特徴は、見ての通り8500系の中で唯一、スカートなしかつ行き先表示機は登場当時のまま方向幕を使用していることです。他の編成は大井町線用も含めてスカート付き、LED表示機を装備している中、原型を保ち続けている貴重な編成です。

さて、場所は変わってあざみ野。ここでも、“サークルK”の一員を撮影しました。

Dscf8455

停車中の5115F(あざみ野)。

こちら、現在在籍する5000系では最新の編成となっている5115F。この編成から、スカートの形状が変更されています。このことが原因なのか、今のところ“サークルK”に指定され、運用に入っています。

Dscf8458

形状が変更されたスカート。

今後はこのスカートは普及していくのでしょう。JRで交換の進む、通称“Vスカート”に似た形状のこちらのスカート、5000系列にはお似合いです。

さて、ここで次の目的、8642Fを撮影するため、青葉台へ移動。

すると、ノーマークであった“サークルK”編成が続々到着しました。

Dscf8410

8590系8695Fも“サークルK”の一員。

東横線で運用されてきた8590系も、5050系に置き換えられてからは住処をこちら田園都市線へと変え、“サークルK”の一員として活躍しています。

Dscf8419

2000系2001Fも到着。

田園都市線の増発用として登場した2000系も、東武との乗り入れ開始後は“サークルK”に指定され、粛々と運用に入っています。

そして、本命の8642Fが到着しました。

Dscf8449

到着した8642F。

一見、この編成は乗り入れに対応している8500系と仕様は同じに見えます。ですが、この編成と他の編成の決定的な違いは、走行機器にあります。

実は、この編成の中間のユニットはVVVFインバータ制御装置を試験搭載しているんです。そのため、8500系に乗りながらVVVFインバータの音を聞ける、かなりの珍車となっています。

この編成に乗車してきたm3600さんとここで合流し、一旦出場。再度入場し、梶ヶ谷に戻ります。ここで、大目的8606Fを待ちます。

そして、来ました。

Dscf8463

入線する8606F(梶ヶ谷)。

なかなか良い感じにキマった、8606F。ここからこの編成に乗り込み、あざみ野へ。ここから急行へ乗り込み、この編成を江田で追い抜かします。そして、またも青葉台へ行き、反対ホームへ。ここでこの編成の到着を待ちました。

そして、到着。

Dscf8465

原型をとどめる8606F(青葉台)。

今回もまた、良い感じにキメることができました。なお、停車中の画像を扉写真として使用しています。

さて、この編成を撮影したので帰ろうかと思いましたが、この編成の次にもう一本珍車が来るということで、待ってみました。

Dscf8473

到着する8634F。

こちら8634Fは、車体に特別な装飾が施された「TOQ-BOX」編成となっています。側面まで赤帯が回っているのが特徴でしょうか。

さて、こうして“サークルK”の撮影を終えました。

「珍車」の巣窟、“サークルK”。また撮影にきたいと思います。


« TX-2000系に増備車登場! | トップページ | 西武鉄道で、秩父礼所総開帳号運転中! »

コメント

我が地元へようこそ!

>テストの結果
私も酷い事に酷いorz友人は授業内容を授業中で吸収してしまうような凄い人です。私はこれが今日はじめて出来ました(核爆)
本題に入ります。
>8606F
撮影成功おめでとうございます!貴重なサークルKをものにして良かったですね!8606Fは下手にフルカラーLED化されずに幕のままでよかったです。今日の朝は鷺沼で目撃しました。2010年頃まで残るようです。
>8642F
東急の全般・重要部検査の厄介者ですね(失礼!)でも8642FのVVVFサウンドは2000系とはまた違うんです。
>5115F
私は乗車も出来ました!東武非直なのは、機器配置の変更が行われたためなんです。Vスカ制約でしたら東武直通編成が激減してしまいますよ。中身は車掌スイッチがリレー式(間接制御式)へと変更され赤ランプを装備した事ですね。5116Fも近日登場予定ですが、東武での乗務員訓練が終わらない限りサークルK増殖となってしまいダイヤ上ネックが発生しちゃいますorz

一番のレア車といえば、派手車ことダイヤモンド7200系業務用車両でしょうね!

投稿: ユーブ | 2008年6月 5日 (木) 21時04分

ユーブさん
コメントありがとうございます。

おぉ。地元なんですね。前々から行きたいと思っていたので、今回は念願が叶いました。

授業中に吸収>
それは羨ましい・・・。私は寝てて聞き逃すことをひたすら繰り返した結果、散々な目に・・・。

8606F>
東武に乗り入れてくる同形式に毎朝乗車するのですが、正直揺れが激しく、モーター音も大きく、あまり好きな形式ではなかったのですが、この編成を見てからは見方が変わりましたね。とにかく、格好良かったんです。
2010年・・・そんなに残るんですか。

8642F>
8500系からVVVFの音が聞こえてくるのはかなり新鮮でしたね(笑)。もちろん整備上都合が悪いのは承知ですが、この珍車もいつまでも残って欲しいですね。

5115F>
やはり、まだ東武側での習熟運転が済んでいないのが原因ですか・・・。早く乗り入れてきて欲しいですね。

7200系検測車>
変なアングルでしか撮影したことが無いんですよね・・・。今度はしっかりと撮影してみたいです。

投稿: 緑のあずさ | 2008年6月 9日 (月) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/21421518

この記事へのトラックバック一覧です: “サークルK”を撮る!~東急の希少車たち~:

« TX-2000系に増備車登場! | トップページ | 西武鉄道で、秩父礼所総開帳号運転中! »