« 8127Fを撮る! | トップページ | 浦和駅高架化工事を観察する »

2008年5月17日 (土)

東武、伊勢崎線車両に三社祭PRHM装着

まだ夜は肌寒いこの時期。皆さん、お体の調子はいかがですか?ちなみに、私は相変わらず風邪が治りません・・・。

さて、そんな中、毎年この時期に開催される浅草の「三社祭」が、今年も16日~18日にかけて開催されました。

その会場である浅草に直結する東武鉄道では、三社祭の開催にあわせ、16日~18日の間、社員がデザインした三社祭をPRするHMを装着した編成を運行しました。

この列車を撮影してきました。

Dscf7582_edited

PRHMを装着した11631F(鐘ヶ淵)。

この列車を知ったのは、16日の学校帰り。偶然乗り合わせた区間準急太田行きの列車に充当されていたのが、初日からHMを装着して運行されていた8000系8120F+8503F。この日はカメラを持っておらず、ケータイで撮影するに留まりました。

これを教訓に、昨日17日に学校へ行った際もダメ元でカメラを持ち込んだところ、なんとも折りよく同編成に乗り合わせることができました。

Dscf7418

区間準急館林行きに充当された8120F+8503F(東武動物公園)。

2日連続で乗り合わせてしまったなら、もう乗ることは無いだろう・・・と思っていましたが、本日日曜日、まったく逆の事態が発生しました。。。

朝方、大宮でm3600さん、青空フリーパスさん、埼京線もどきさんと合流。その後は浦和駅高架化工事に伴う運用変更などを撮影していましたが、これは別記事で。

一通りの撮影を終えた後、東武へ。狙いは三社祭PRHM付き列車でしたが、そんな上手く現れることは無いだろう・・・と考えていました。

とりあえず、鐘ヶ淵へ行き撮影を開始。すぐに、後続の列車がきましたが・・・。

Dscf7605

HM付きの31613F(鐘ヶ淵)。

なんと、30000系31613FにもHMが装着されているではありませんか!これは嬉しい誤算。東武のニュースリリースにあった「浅草⇔北千住間を区間運転する普通上下列車」とは、この編成のことだったのか・・・と思っていると、なんと反対ホームにHMつきの10000系が到着!どうやら、18日になって一気に貼り付けが加速したようです。

さて、その編成の折り返しを待っていると、こんな編成が到着しました。

Dscf7609

10080系11480F+10050系11251Fによる区間準急浅草行き。

一本だけの希少な存在である、10080系が到着!この車体から50000系列と同タイプのVVVFインバータの音がするのは、かなり違和感、そして新鮮さがありました。

さて、感動に浸っている内にまた列車が到着。

Dscf7611

10030系11631FにもHM。

到着した11631FにもHMが。どうも、5編成は確実に装着されていたようです。少し明るくなってしまいました(汗

さて、そろそろ先ほどの10000系が折り返して来る時間・・・と思っていると、きました。

Dscf7621

10000系11604FもHM付き。

各形式にHMを装着する東武の枠な計らいに、一人関心。。。

そして最後に、この編成も登場してくれました。

Dscf7625

三日連続で会うことになった8120F+8503F。

結局、三日連続で会ってしまいました、この編成。とは言っても、やはりHMというのはどんな車両に設置されても似合うものだと感じました。

Dscf7627

装着されていたHM。

浅草駅の職員がデザインしたというHM。なかなかいいデザインです。

この後の列車に乗車し、鐘ヶ淵を後にしました。

毎年運行される、HM付きの列車。今年は、効率よく撮影することができました。また来年も運行されることを期待します。


« 8127Fを撮る! | トップページ | 浦和駅高架化工事を観察する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/21006221

この記事へのトラックバック一覧です: 東武、伊勢崎線車両に三社祭PRHM装着:

« 8127Fを撮る! | トップページ | 浦和駅高架化工事を観察する »