« HN変更のお知らせ | トップページ | 帰らぬ旅へ マリC3編成、旅立つ »

2008年4月20日 (日)

春深まる真岡鉄道へ

さて、今日は東武東上線にて50090系を使用した急行「七峰」が運行され、同線沿線は多くのファンでにぎわったようですね。

そんななか私は、流れを完全に無視し(蹴)、真岡鉄道へ行ってきました。

Dscf6732

DE10 1535牽引の回6100レ。この画像は後撃ちとなる(ひぐち~折本間)。

春休み中に行かなかった家族旅行。その代替(?)ということで、親が休みであった本日に合わせて真岡鉄道への撮影旅行を設定。強風にも関わらず行ってきました。

まずは、「道の駅にのみや」で買い物をし、いざ撮影地へ。とはいっても、事前に調べておいた訳ではなかったので、ロケハンしながら動くことに。

結局、県道と並走するひぐち~折本間にいい感じの歩道橋を見つけたので、そこでスタンバイしました。

そして・・・。

Dscf6731

DE10 1535牽引の回6100レ。

下の踏切が鳴り出した直後、赤い車体を現したのはDE10。回6100レの通過です。

この回6100レは、下館発茂木行きの6001レの送り込み回送となっています。下館到着後に方向転換せずに運行できるよう、SLは茂木寄りを向いています。

ここで、撤収準備中に通過したモオカ14型による普通列車も撮影。

Dscf6733

派手な色使いが特徴のモオカ14形。

老朽化したモオカ63形の置き換え用として登場したモオカ14形。一昨年モオカ63形の置き換えを終了し、現在は同鉄道の要として運用されています。

さて、この列車を撮影しましたら、今度は真岡駅へ向かいます。この駅の駅舎は、いわずと知れた巨大なものであり、SL型をしています。

Dscf6757

SL型をした真岡駅舎とモオカ14-1。

さて、手前のモオカ14形、何か先ほどと違うことに気付きましたか?実は、この1号と続番の2号のみが富士重工、それ以降が日本車両での製造となっているため、若干の仕様変更が発生しており、二社の製造車では前面上部のライトの配置などが異なっています。

ところで、この反対側にはこんな車両郡が。

Dscf6738

構内の端に展示(放置?)されていた、キハ20形、DE10形などの国鉄型車両。

構内の端に展示線のようなスペースがあり、ここには国鉄~JR時代の真岡線で使用されていた国鉄型車両が展示(放置同然)されており、じっくりと観察することができました。

ここで、弟がSLに乗りたいと言い出したので、親と弟はSLに乗車することに。見送りのために同駅の構内に入場したところ、こちらにもいました。

Dscf6769

切り欠き式ホームの先端に留置(放置)されていた、キハ20形。

こちらにも、キハ20形が留置。何か、不思議な駅です。。。

ちなみに、両車共に車番は消えていてわかりませんでした。

ここで、いよいよ本命、「SLもおか」の入線時刻となりました。

Dscf6784

真岡駅に到着した「SLもおか」。

到着したC12 66牽引の「SLもおか」。ホームには多くの見学者がおり、さすがSL、という感じでした。

Dscf6783

開業20周年記念HM。

ちなみに、この真岡鉄道、今月11日で開業20周年を迎えました。ということで、SLを含めた全車両に20周年記念HMが取り付けられています。

「SLもおか」、真岡駅発車。※初っ端で汽笛が鳴りますのでご注意ください。

到着から7分後、多くの撮影者や見学者の中、「SLもおか」は茂木に向けて出発していきました。

さて、この後は益子へ行き、益子焼共販センターで買い物をしたり、ドライブをしたりと、時間をつぶしました。

茂木発の6002レを撮影するために撮影地入りしたのは通過の30分前。ここでしばらく目の前に広がる「菜の花」をみながら時間をすごしました。

15時過ぎ、踏切がなりだします。そして、「SLもおか」が姿を現しました。

Dscf6795

菜の花の咲く中通過する「SLもおか」(西田井~北真岡間)。

「SLもおか」通過。

菜の花の咲く中通過する「SLもおか」。もう少し早ければ、後ろには桜も咲き乱れていたことでしょう。その点が悔やまれはしますが、いい写真を撮ることができたと思います。

この後、家族写真などを撮影してこの撮影地を後にしました。

帰り道。16時を過ぎ、時間的に6103レ(実質的な返却運用)を撮影できるということで、若干曇ってきた空の下、撮影に臨みました。

Dscf6800

通過する6103レ(久下田~寺内間)。

6103レ、通過。

DE10 1535の牽引による6103レ。この列車をもって、回送含め1.5往復運行される真岡鉄道の客車列車の一日の運用が終了します。

ちなみに・・・尻切れましたorz

ここで撮影を終了し、帰路につきました。

路線も短く、沿線に見所もあるので、効率よく撮影ができる「真岡鉄道」。鉄道としても非常に面白い路線だと感じました。

今度の週末は、ここ真岡に、のんびりとSLに乗りにきてみませんか?

※2両あるSLの内、C11 325は2008年4月現在、大宮総合車両センターに緊急入場をしています。


« HN変更のお知らせ | トップページ | 帰らぬ旅へ マリC3編成、旅立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32600/20426993

この記事へのトラックバック一覧です: 春深まる真岡鉄道へ:

« HN変更のお知らせ | トップページ | 帰らぬ旅へ マリC3編成、旅立つ »